大学の資料請求で図書カード等1000円GETできるサイトを紹介

憧れの大学、駅の広告で見た大学、興味を持っている大学、いろんな大学の資料請求が一括でできちゃうサイトを紹介しています。

 

自分ではまだ見つけられていない、自分にぴったりな素敵な大学を見つけてくださいね。

無料で資料請求+図書カードがもらえるサイト

以下で紹介しているサイトでは、時々、大学の資料請求をすると図書カードがプレゼントされるキャンペーンを行っています!

 

それぞれのサイトで申し込みOK!複数のサイトで資料を請求するだけで合わせて1,000円分以上も図書カードがもらえちゃうかも!?★

 

〇校以上請求するなどの詳しい条件は各サイトで御確認くださいね。

 

スタディサプリ進路サイトへ

 

スタディサプリ進路

 

全員に≪図書カード500円分≫

条件:7校以上の資料請求

条件:高校生

 

公式サイト:http://shingakunet.com/

 

ホットペッパーやタウンワーク、スーモ、ゼクシィなど有名なサービスを展開しているリクルートが提供しているサイトだから、進学情報が充実しています。請求できる学校が非常に多いです。

 

>>公式ページへ

 

・資料請求についての疑問はこちら!

 

ベスト進学ネットサイトへ

 

ベスト進学ネット

 

抽選で≪図書カード500円分≫

条件:登録してポイントをためる

 

公式サイト:
https://www.best-shingaku.net/smt/

 

会員登録するだけで100ポイントもらえる!ミニテストに挑戦したりしてポイントを貯めて図書カードなどのプレゼントに応募できます!

 

>>公式ページへ

 

 

 

マイナビ進学サイトへ

 

マイナビ進学

 

全員に≪図書カード500円分≫

条件:5校以上の資料請求

条件:高校生

 

公式サイト:https://shingaku.mynavi.jp

 

エリア、学校の種類、学べる学問、目指す職業など細かい条件で検索できて、探しやすいです。
イベントやお役立ち情報も随時アップされているので、気になる情報がないか細めにチェックするのがおすすめ♪

 

 

 

>>公式ページへ

 

 

 

マナビジョンサイトへ

 

マナビジョン

 

全員に≪図書カード1,000円分≫

条件:10校以上の資料請求

条件:高校生

 

公式サイト:
https://manabi.benesse.ne.jp

 

ちゃれんじや進研ゼミでおなじみのベネッセが運営しているサイトがマナビジョンです。さまざまな企業で働く人々へのインタビューが充実しています。今の仕事についてはもちろんですが、高校→大学とどんな勉強をしてきたかのか、についても取材されていて、とても参考になります。

 

>>公式ページへ

 

 

 

逆引き大学辞典サイトへ

 

逆引き大学辞典

 

抽選で≪Quoカード500円分≫

or≪iPod nano≫or≪デジタルカメラ≫

条件:大学パンフレットの請求

 

公式サイト:
https://www.gyakubiki.net/

 

全国2,000校以上の高校で配布されている情報冊子「逆引き大学辞典」。その発行数は100万部にものぼります。

 

>>公式ページへ

 

 

 

さんぽう進学ネットサイトへ

 

さんぽう進学ネット

 

全員に≪図書カード500円分≫

条件:オープンキャンパスの申し込み

条件:高校生

 

公式サイト:
https://www.sanpou-s.net/

 

5校以上資料請求した人には、LINEのプリペイドカード1,000円分がもらえるチャンスも!先着100名限定なのでお早めに
さんぽう進学ネットはオープンキャンパスや学校紹介の動画があったり、イラストコンテストがあったりと他のサイトにはないコンテンツがあります。

 

>>公式ページへ

 

 

 

e-専門学校ガイドサイトへ

 

e-専門学校ガイド

 

全員に≪図書カード500円分≫

条件:1校以上の資料請求

条件:高校生

 

公式サイト:
http://www.e-sen.net/

 

1校だけでもキャンペーンの対象になるのがe-専門学校ガイドのすごいところ。資料請求すると、ポケットサイズで持ち歩きに便利な面接必勝ガイドブックも一緒にもらえます。逆引き大学辞典で有名な廣告社株式会社の専門学校版WEBサイトです。

 

>>公式ページへ

 

 

 

エイビ進学ナビサイトへ

 

エイビ進学ナビ

 

全員に≪図書カード500円分≫

条件:専門学校で5校以上の資料請求

条件:高校1・2年生

 

公式サイト:
http://www.eibi-navi.com/

 

さらに、「iTunesカード5,000円」「Google playカード5,000円」「図書カード500円」をそれぞれ抽選でプレゼントも!こっちのキャンペーンは大学・短期大学も対象に含まれていて、1校で1口になるので、たくさん請求するほど当選率UP↑

 

>>公式ページへ

 

 

 

これらのサイトで資料請求すれば合計1000円分以上の図書カードをGETできます。

 

図書カードで参考書を買うもよし、好きな小説を買うもよし。マンガを読むことだって勉強の一つ!?です。

 

パンフレットを請求して、たくさんの大学を比較すれば、勉強へのやる気が上がること間違いなしです!

資料請求ができるその他のサイト

図書カードプレゼントはないけれど、進路選びの情報収集に役立って大学や短大、専門学校などの資料請求もできるサイトをいくつかご紹介!

 

 

なるには進学

 

公式サイト:
http://naruniha.asia

 

なりたい職業から学校を探せる進学情報サイトです。
専門学校の情報が満載!

 

閲覧した学校の履歴が残るから、あとから簡単に気になる学校の資料請求ができちゃいます。

 

>>公式ページへ

 

 

テレメール進学サイトへ

 

テレメール進学サイト

 

公式サイト:
http://telemail.jp/

 

資料が届くのが早い!
急いで資料を集めたい時におすすめです。

 

2回目以降はパスワードと郵便番号だけで簡単に資料請求ができる便利なサイト。

 

>>公式ページへ

 

 

大学受験パスナビサイトへ

 

大学受験パスナビ

 

公式サイト:
https://passnavi.evidus.com/

 

大学の資料が請求できるのはもちろんですが、先輩である大学生たちが今どんな活動をしているのかといったニュースがチェックできて、大学で出来ることを知ることが出来ます!

 

>>公式ページへ

 

大学を決める際に大切なことは

学生

大学を決める際に大切なことは学力だけではありません

 

最近は大学への進学率も高くなり、男女とも大学への進学の意識が強くなってきました。
しかしながら、学力だけで進学先の大学を決めてしまうのは、あまり良くありません。大学にも校風があり、通っている学生も雰囲気が違っていたりします。
また、本当に学びたいことが偏差値の高い大学にあるとは限りません。特に理系になると、専門分野が細かく分かれていることがあり、自分のやりたい学問が出来ない可能性が出てきます。

 

そんなことにならないために、大学の雰囲気やどんな研究が行われているのか知る必要性があります。
それを知りたい方にオススメなのが、オープンキャンパスです。

 

実際のキャンパスの中に入ることが出来ますし、研究室への訪問も可能となっていますので、大学の雰囲気や研究内容について知ることが出来ます。紙媒体やネットでの情報も最近では充実していますが、百聞は一見に如かず、実際に目で見る方が分かりやすいと思います。
後悔のない大学選びをしたいですね。

就職率だけで専門学校を選ぶべきなのか

去年の高校卒業者の進路先では専修学校へ進んでいる人が各県で上昇している傾向にあるそうです。就職者も前年度よりも上がっているそうです。ある県のデータでは、専修学校へ行く割合は24%となっています。

教室

専門学校以外の学校では就職率が世の中の経済状況に大きく左右されていますが、専門学校の卒業生の就職率はあまり変化がないのが特徴的です。

 

分野が定まっているため、その職業で必要なスキルを学校に通いながら得ることを目的としていることから、就職後にすぐに適応ができることが採用される決め手になっているのかもしれません。

 

特に大きな企業ではなく中小企業では新人の教育などをしっかり計画立てて行う余裕も人もいないことが多いため、専門卒の人は好かれる傾向にあるのだと思われます。

 

握手をする男性

しかし、一方では、かなり専門的な職人だとかアートの世界だとかではない分野の仕事場においてはコミュニケーション力や応用力が問われる機会が多くなるでしょう。

 

そういった意味では社会情勢や一般常識を広く知っておくことが重要です。専門学校においてそれができないというわけではありませんが、授業の大半は専門分野のことになりますので、就職したい先によっては専門学校以外の学校を検討することも良いのではないでしょうか。

美大へ進むきっかけ

高校時代は地元の進学校の普通科で3年間過ごしました。部活動をベースに高校を決めたので、勉強があまり得意では無い私にとって普通科の授業は苦痛で成績も全く伸びず、大学進学する際には時既に遅し。

 

ちょっと行ってみたいなと思っていた国公立の大学の推薦枠には入ることも出来ずに途方に暮れていました。

 

今まではずっと部活動一直線でしたが、高校の時点で自分にはこの競技は向いていない。ということがようやく分かり、大学では今まで押さえ込んでいた自分の本当にやりたいことを勉強したいと思い、美術部に入り美大を目指すことにしました。

絵具

今回も時既に遅しですが、有名な美大でないけれど気になる学科があったので、そこに焦点を絞って3年後半は夏休みも返上してデッサンに明け暮れました。

 

体験入学では良い立地にあることも分かったし、卒業生の展示物を観ることで更にここで勉強したい。と言う気持ちが沸き立ったのを思い出します。

 

やはり好きなことを勉強するというのは頭にどんどん入ってきます。今でも大学で学んだことは仕事で役立っています。

小論文は誰に教わっていますか?

原稿用紙と鉛筆

 

小論文対策はもう完璧!という人はここを読まないでください。

 

時間のムダになってしまいます。

 

 

「小論文は誰に教わっていますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現代文や国語の先生?家庭教師?親?塾の先生?それとも参考書?

 

どんなに勉強ができても、作文が苦手でも得意でも、つまづく人が多いのが小論文。

 

小論文は書き方を聞いてすぐにうまく書けるようになるようなものではありません。まして独学でも限界があります。

 

 

書いて適切に添削してもらって、また書いて添削してもらって・・・・の繰り返しで上達していきます。

 

学校や塾の先生は小論文だけを熱心に何度も見てくれますか?
誤字脱字を直すだけではなくて、きちんと文章の内容まで指摘してくれますか?

 

もしそんな先生が回りにいたら相当あなたはラッキーです!

 

ぜひ明日から教わりに行きましょう!

 

 

実際に多くの学校の先生や塾の先生は小論文だけを専門にしているわけではありません

 

先生たちは小論文だけ教えているのではなく、他にも教えることを山ほどかかえているのです。

 

先生という立場であっても論文が苦手な人もいるかもしれませんね。

 

 

さっきの繰り返しになりますが、小論文は、書いて「適切に」添削してもらって、また書いて添削してもらって・・・・の繰り返しで上達していきます。

 

これが最も効率よく上達する方法です。しかも、しっかり添削してもらわなければまるで意味がないのです。

 

適切な添削と指導ができるのは小論文を専門にしている人です。

 

数学や生物など他の科目は授業や参考書で学力アップできても、小論文だけは専門的に学んだ人に教えてもらわなければ実力アップは難しいでしょう。

 

得意とまではいかなくても、まずは小論文への苦手意識がなくなれば、他の人と大きな差をつけることができるし、自分自身への自信にもつながります。

 

まずは、小論文を専門とする先生を見つけましょう。